[3Dプリンタ] 初めての実用品作成

 

以前購入し知人宅へ納入していたメダカビオのポンプが止まった。故障かな?
取りあえず予備ポンプと交換することにしたが、問題発生。水路のパイプ径が合わない。

 以前からいろんなパイプを使ってきたが、とにかく径が合わないことが多くて困っていた。

 

 

3Dプリンタを購入した動機の一つが、こういうジョイント作成
ネットで探しても違う規格相互のジョイントはめったにない。たまにあっても滅茶苦茶な値付け。

 

3DCAD Fusion360をチョコっとお勉強したのは2か月前で、高齢化のせいかあまり覚えてなかったので少々難儀した。

まあ、なんとかそれっぽく作ってみた。

 

流石、CADシステムですね。

実測値通りピッタリとはめ込むことができた。

 

設計変更も兼ねてもう一個予備を印刷しといた。

ジョイント部分は実測値より直径を0.2mm太くした方がギッチギチにはめ込めて良かった。

 

印刷時間は10分少々で、値段は数円レベル

もうこれで投資金額をかなり回収した気がする。

 

問題は屋外使用なので経年劣化がどうなるかです。

素材としてはPET素材が対候性に優れるらしいけどまだ買っていない。

 前の記事  次の記事