[メダカビオトープIOT化] 打ち止め

 

ゲイツ帝国軍の罠にはめられた・・・

7月9日、以前からアクセスが遅く挙動がおかしいと思っていたデータ専用ハードディスクと
Windowsのアップデート再起動がバッディングし、完全な再起動無間地獄へ落されました。
F8起動もできない状態・・・


調子のおかしかったHDDは事前に完全バックアップをしていたのでデータはOK
起動用SSDのデスクトップは外部メディアからの起動で救済し最終データもOK
やむなくWin10をクリーンインストールしました。

 

だが!
古いプリンタのドライバの再インストールの拒否(LAN接続で解決)
PCIインタフェースのドライバ不整合によりビデオカードが使用不可(未解決)
M5Stackの超高速USB・シリアル変換ドライバがうまく動かない(現在放置)
という、悪のゲイツ帝国の買い替え政策にはめられた状態

 

というか、ビル君に梯子を外された状態 (よくある話)

この状態を脱却するには、完全稼働状態で動く過去のWin10インストールDVDからの再インストールしかなさそうです。
幸いインストールDVDは持っているので(多分)完動状態に戻すことは可能でしょうが、

再設定項目が多すぎてもう面倒くさい。

ということで、メダカビオトープのIOT化計画は最終パッケージング直前で頓挫
まあ、IOT化の主要実験は全て完了しているので、これで終了とします。
IOT化はいい勉強になりました。

 前の記事  次の記事