パーソナルファイルサーバー構築法

近年クラウドのストレージサービスが種々登場し、無料でもかなりの容量が利用できます。

ここでは無料サービスを利用して、クラウド上にファイルサーバーを構築して、データーバックアップも行う方法について考えてみます。

なおここで述べる方法は、あくまで個人利用で一人ないし家族程度でデーター共有する場合で、事業用などは専用のファイルサーバーを構築することを強くお勧めします。

手順

     無料のストレージサービスを二つ以上申し込みます。

              色々ありますがメジャーなところを上げてみます。

²  OneDrive    マイクロソフトが提供するサービスで15GBまで無料

²  Googleドライブ Googleが提供するサービスで15GBまで無料

²  Dropbox     Dropbox社が提供するサービスで2GBまで無料


 

     それぞれのサービスで、専用ソフトをインストールしてドライブを割り当てます。

この作業は使用するパソコンすべてに行う必要があります。

この作業を行った後は、それぞれのパソコンのローカルドライブとそれぞれのサービスのサーバーとの間で随時同期がとられます。

 

     一つまたは複数のドライブ(サービス)をファイルサーバーにします。通常ドキュメントフォルダーなどに保存されているデーターは、それぞれのドライブの下にフォルダーを作成し、整理してデーターを移行します。

同時に、バックアップ用のドライブ(サービス)を決めておきます。

例として以下の構成を考えてみます。

ファイルサーバー    Googleドライブ 文書保存・画像保存

            Dropbox     友人とのファイル共有

バックアップサーバー  OneDrive

 

バックアップの設定

無料のバックアップソフトBunbackup を利用します。

http://homepage3.nifty.com/nagatsuki/bunbackup/index.htm からダウンロードしてインストールします。

使い方は以下のサイトなどを参考にして下さい。

http://homepage3.nifty.com/nagatsuki/bunbackup/introduction/index.htm 

 

お勧めの設定は

スタートアップに登録  パソコンを起動すると自動的にソフトが起動されます。

自動バックアップ    設定により定期的に自動バックアップします。

ミラーリング      バックアップ元とバックアップ先を同期させます。

世代管理        うっかり削除したり間違って上書きしたファイルを復

元することが出来ます。

パソコンは何時壊れるかわかりません、またパソコンをメーカーが保証してくれても、データーは誰も保証してくれません。バックアップは必ずとっておきましょう。

新着情報

次回講座のご案内

Accessデーターベース入門講座